過払い金請求で多額のお金が戻ってくる場合があります

金融業者から借り入れをしたことがある人にとっては、過払い金という言葉を聞いたことがあるかも知れません。
過払い金とはクレジットカード会社や消費者金融、デパートカードの業者などが利息制限法で決められている金利の上限を超えて貸し付けてを行っていた利息分のことを指します。

金融業者のサービスを利用したことのある人は、日本全国で1000万人を超えているとも言われており、それらの大勢の人が知らないうちに法律で定めれている以上の金利を支払っている可能性があるというわけです。キャッシングやカードローンを利用している人の中には、複数の金融業者から融資を受けていることもありますので、利息分の返済を行うことも大きな負担となっていることが考えられます。



利息分の支払い金額が大きいと感じる場合や、払いすぎている金額があると思えるときには法律家に相談することができます。


2010年に貸金業法が改正されるまでは、出資法で規定されている上限金利である29.2%の金利で融資を行っていた金融業者が多く、現在では利息制限法で定められている15%から20%の範囲内の金利で引き直し計算を行って、払いすぎている金額については返還してもらうことが可能です。

カードローンなどを使って借り入れをしているときには、少額の融資金額の方が多いですので、18%の金利で引き直し計算が行えます。

Infoseek ニュースがさらに話題になりそうです。

29.2%と18%とでは11.2%もの差が生じていることから、数百万円の返還請求が行える場合もあります。

そのために心当たりのある方の場合には、弁護士などの法律家に相談してみて、過払い金請求について検討することがおすすめとなります。

過払い請求について学ぶならこのサイトは外せないでしょう。